サラフリ部
サラリーマン攻略法

会社をやめるために行う3つのステップ

毎日の出社がつらい・・・

もう会社に行きたくない・・・辞めたい

 

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は会社をやめたいと思った方が実際に会社をやめるために行動すべき3ステップを紹介していきます。

 

ステップ1. 転職サイトや転職エージェントに登録する

 

まずはステップ1です。

転職サイトや転職エージェントに登録してください。

 

こう言うと疑問に思う方もいるかもしれません。

 

・まだ会社をやめると決めてもいないのに転職サイトに登録するの?

・いきなり転職エージェントに登録するのはちょっと不安。

しかし、あなたが本当に会社をやめたいと思うのであれば、少しでも不安を解消するために転職サイトや転職エージェントへの登録はしておいた方が安心です。

 

おすすめの転職サイトは次の3つです。

転職サイトはただ登録するだけではなく、しっかりとプロフィールを更新していきましょう。

 

・リクナビNEXT

・マイナビ転職

・DODA

ちなみに私が前職の内定をもらった時はリクナビNEXTで応募しました。

そのためリクナビネクストをメインに使って、それ以外のサイトをサブで使うのがおすすめです。

 

次におすすめの転職エージェントです。

 

・リクルートエージェント

・JACリクルートメント

ただし、アルバイトなど非正規雇用の経歴が長い方は、転職エージェントを使わずに直接応募をした方が早く転職ができます(私の経験上)。

 

転職エージェントは土日や平日夜間でも対応してもらえるところが多いので、まずはあなたの職歴をまとめてエージェントの担当者にあなたの希望を伝えましょう。

 

以上でステップ1は終了です。

 

ステップ2. 副業を始める

 

次にステップ2です。

今すぐ副業を始めてください。

 

えっ、なんで転職したいのに副業をするの?と疑問に思う方がほとんどだと思います。

なぜ副業を始める必要があるのか・・・

 

それは・・・

 

会社をやめてから転職活動をするときにお金の心配をしなくていいからです。

 

 

みなさん、よく考えてみてください。

なぜ会社をやめたいと思っているのにすぐにやめられないのでしょうか?

 

それってやはり、お金の心配があるからではないでしょうか。

 

私の経験上、35歳くらいまでの方であればよほどのことがない限り

3ヶ月の短期集中で転職先を決めることができます。

 

まずは、副業で会社からもらう給料以外で収入減を確保しておきましょう。

副業の収入は会社への申告は不要です。

 

1月から12月までの副業収入を翌年3月15日までに確定申告書に記載して提出します。

 

 

失業保険は若い人は3ヶ月分しかもらえませんし、いろいろと要件があるのでかならずもらえるとは限りません。

 

でも副業なら仕事さえやっていればお金がもらえるので、転職活動の資金と生活費を確保しながら安心して転職活動ができます。

 

ひとつだけ注意点があります。

公務員の方は法律で副業が禁止されているので注意してください。

 

公務員の方は法律で副業が禁止されています!

どんな副業をやったらいいのかについてはあなたのスキルや興味のあることによって変わってきますので、ここでは紹介しません。

 

こちらのYoutube動画におすすめ副業が紹介されていますのでぜひ動画を見てみてください。

 

 

以上でステップ2は終了です。

 

ステップ3. 固定費を減らす

 

副業で収入を増やすと同時に固定費も減らしておきましょう。

固定費を減らしておくと、お金に余裕ができるので心にゆとりができます。

ここでは減らすべき固定費を3つ紹介します。

 

減らすべき3つの固定費

・家賃(もっと安いところに引っ越せないか検討)

・自動車(どうしても車が必要なら中古にする)

・携帯代(格安SIMに切り替えを検討する)

ステップ2の副業とステップ3の固定費削減で一気にお金に余裕が出てくるようになります。

 

ステップ4 副業で月10万円以上稼げるようになる

 

あなたに合った副業でどんどん稼いでいきましょう。

 

副業で月10万円以上稼げるようになりましょう。

 

ステップ5 会社を辞めて転職・独立する

 

副業で月10万円以上稼げるようになったら転職か独立をしましょう。

 

会社の給料のほかに副業収入があればあなたにはそこそこの貯金があるはずです。

 

転職する場合はできるだけ次の会社を決めてから辞めるようにすると良いです。

 

独立したいなら思い切って独立してしまいましょう。

 

 

 

会社をやめたい気持ちはわかりますが、焦りは禁物です。

着実に転職活動資金を貯金してから一気に転職活動を進めましょう!