サラフリ部
サラリーマン攻略法

【アフターコロナ】お茶出しするならセルフサービスにするべき!

お茶出しはセルフサービスで!

あなたの会社でどうしてもお茶出し文化を廃止できない宗教上の理由があるのならこの方法を実践してください。

 

この機会にお茶出しは一切廃止してほしいのですが、どうしてもお茶出しをしないといけないならこの方法にぜひ切り替えてみてください。

 

 

 

結論:セルフサービスのペットボトルにする

 

今後はお茶出しをするならセルフサービスでペットボトルを出す形にしましょう。

 

セルフサービスならお茶を飲みたい人はペットボトルを持っていけばいいし、のどが渇いていない人は持っていかなければOKです。

 

つまり、お客さんにお茶を飲むか飲まないかという選択肢を与えてあげるのです。

 

 

お茶出しのセルフサービスのメリット

 

お茶出しをセルフサービスにすることで

メリットが多くあります。

お茶出しセルフサービスつのメリット
  1. 感染リスクが減る
  2. 社員(職員)の負担が減る
  3. お客さんのストレスが減る

 

1. 感染リスクが減る

 

グラスや茶碗のお茶をお客さんに出して、

お客さんがお茶を飲んで

飲み残しのお茶を捨てる。

 

お茶出しにはこれだけの作業が必要です。

どう考えても感染リスクが増えますよね。

 

この記事を見ている豊島区議員の方が

いらっしゃいましたら

勇気ある行動をとって頂けないでしょうか?

 

 

2. 社員(職員) の負担が減る

 

お客さんが来るたびにお茶出しをしていては

社員さんや職員さんが疲れてしまいます。

 

それに見合うお給料を払っているのなら

問題ありませんが、

そうでないなら考え直してください。

 

 

3. お客さんのストレスが減る

 

お茶出しをやめるとお客さんも

ストレスが減ります。

 

私は緊張するとトイレが近くなるので

出先ではあまり水分を取りたくないのですが

お茶を出されると気を使って少し飲みます

 

全部飲み干すと絶対にトイレに

行きたくなるので残します。

 

もしお茶出しがなくなれば

自分でペットボトルのお茶を

持参して飲みたいタイミングで飲みます。

 

そうすれば私はトイレを我慢する

必要がなくなります。

 

トイレが近いと悩んでいる人は

意外と多いです。

 

お客様のためという大義名分で

お茶出しを廃止しませんか?

 

セルフサービスの方法

 

あなたの会社の来客数に応じてセルフサービスの方法を決めてください。

 

来客数に応じたセルフサービス
  1. 来客数が多い:セルフサービスのドリンクとアルコール消毒液をエントランスに置いておく。
  2. 来客数が少ない:ペットボトルを消毒してお客さんに手渡しする。

 

お客さんのためにお茶出しをやめて

セルフサービスにぜひ移行してください。

 

私は、社員の立場ではなく

お客さんの立場で書いています。

 

豊島区議員の皆様へ。

ペットボトルを導入すれば

自治体のイメージアップになります。

 

ぜひ最善なご決断をお願いします。