サラフリ部
昭和スタイルの仕事術

無駄な飲み会は1回あたり1万円以上の損失です

昭和の悪しき習慣はたくさんあります。

今回は無駄な飲み会についてお話します。

 

私が会社を辞めた理由の1つに

長時間の無駄な飲み会に半強制的に参加させられることがありました。

 

頻度としては数ヶ月に1回程度ですが、

1回たりとも参加したくない私にとってはその程度の頻度でも耐えられませんでした。

 

古すぎる昭和の悪しき習慣が残っている会社の特徴その4です。

他にも知りたいとお考えの方はぜひこちらの記事もご覧ください!

 

【昭和スタイル】古すぎる体質の大企業を思い切って辞めた話 今回は私が3年近く勤めた大企業を思い切って辞めたときの体験談について話していきます。 私は2020年2月まである大企業...

 

 

飲み会に参加することで1万円以上の損失になる

 

居酒屋を経営されている会社の経営者様。

居酒屋で働いている社員やアルバイトの皆様

 

先に謝っておきます。ごめんなさい。

 

しかし、私は会社の飲み会というものがどうしても

嫌で仕方ありません。

 

なんとか法律を改正してでも強制的な飲み会への参加を禁止してほしいとさえ思っています。

 

なぜなら、飲み会に1回参加するだけで確実に1万円以上の損失になるからです。

 

これから損失の計算と根拠を示していきます。

今回は二次会以降の費用については考えません。

 

飲み会に参加することで発生する損失を計算

 

飲み会の参加にすることで発生する損失
  1. 飲み会の参加費用:約5000円
  2. 飲み会の時間:約4500円(3時間の場合)
  3. 飲み会の会場までの移動時間:約1500円(1時間の場合)

 

はい、1次会の参加だけでも約11,000円の損失になりました。

これって1日分のお給料かそれ以上じゃないですか?

 

飲み会参加による損失計算の根拠

 

それでは飲み会に参加することによる損失計算の根拠を詳しく説明していきます。

 

1. 飲み会の参加費用

 

これは説明するまでもありませんね。

飲み会にかかる費用です。

 

飲み会のメニューは健康に悪いものが多く、

料理の量も少ないのであまりメリットはありません。

 

2. 飲み会の時間

 

私がこれまでに参加した飲み会は

大体1回あたり3時間でした。

 

この時間を副業に回すとどのくらいの収入が

得られるでしょうか?

 

私がこれまでに副業をしてきた経験から言うと

副業の平均時給は約1,500円でした。

 

※もちろん作業をどんどん効率化して作業時間を減らすことが前提となります。

 

副業をすれば4,500円の収入が得られたのに、

会社の飲み会に参加してしまったばかりに4,500円を失ってしまいました。

 

3. 飲み会会場への移動時間

 

飲み会への会場の移動時間も忘れてはいけません。

移動時間も副業すれば稼げるのです。

 

仮に移動時間を1時間とすると1,500円を稼げるわけです。

 

少なくとも飲み会の参加費用は損失になる

 

もしあなたが副業を始めたばかりでまだ仕事がなかったとしましょう。

そんな状況であったとしても会社の無駄な飲み会に参加する費用は損失になってしまいます。

 

勇気を出して飲み会を断ろう

 

あなたが参加してとても楽しい・充実していると思えるのであれば会社の飲み会であっても参加してもいいでしょう。

 

時には先輩や上司との意見交換も大切です。

 

しかし、あなたが参加する価値がないと思っているにも関わらず、会社の飲み会に参加しているのであれば話は別です。

 

あなたの貴重なお金を無駄に使わないように勇気ある行動をしましょう。

 

飲み会を断りましょう!

 

飲み会を断ることについてはイケハヤさんの右に出る人はいません。

ぜひこの動画を参考にして明日から勇気ある行動をしてください!

 

 

飲み会は好きな人とだけやる!

 

あなたが飲み会をやるのであればあなたが好きな人とだけやりましょう。

そうすれば飲み会の時間がストレスから快感へと変わります。

 

たかが飲み会、されど飲み会です!