サラフリ部
副業・複業

複業コンサルを試験的に開始した話

2020年3月1日から個人事業主として仕事をしています。

5月から「複業」コンサルを試験的に始めました

 

複業コンサルとは何か

 

見慣れない言葉である「複業」が出てきましたね。

 

ここでいう「複業」とは1つの仕事にとらわれずにさまざまな仕事にチャレンジしていくということです。

 

 

例えばWebライターと動画編集とプログラミングを同時にやるようなものです。

 

 

複業をすることで自分が一番極めたいと思ったことにフルコミットしてあなたの強みを最も生かすことができるのです。

 

今回はランサーズを使って、私のこれまでの経験をフル活用してコンサルを受けていただいた方の収入を目標金額まで達成させることが私のミッションです。

 

6月上旬に私のコンサルを受けていただいた方に結果報告の記事を書いていただく予定です。

 

コンサルの仕事に興味を持ったきっかけ

 

少し私の昔話をさせてください。

 

私はとある大手企業で「事務スーパーバイザー」という仕事を1年弱やっていました。

 

具体的な仕事内容は言えないのですが、

大規模なプロジェクトでかなり忙しかったです。

 

20代前半から60代までのバイトさん10名をまとめる

リーダーとしてプロジェクトをまとめる責任者として仕事をしていました。

 

 

私は、その仕事をしていくうちに

「人に何かを指導して、その人が成長していく姿を見たとき」にすごく達成感を感じました。

 

1年後に私はその仕事を辞めて、事務スーパーバイザーという仕事で就職できないかいろいろと調べました。

 

しかし、残念なことに私が望む仕事を「就職する」という形では実現することはできませんでした・・・

 

???「就職で実現できないなら起業したらいいじゃない?」

 

誰かが私の耳元にささやいていたような気がしました。

 

 

ランサーズでコンサル生を募集

 

そうはいっても実績のない私はいきなりお金を取ってコンサルをするのはなかなか不安でした。

 

そこで私は考えました。

 

いつも発注で使っているランサーズを使って私のコンサルを受けていただける方を募集して実績を作ってしまえばいいと。

 

実際にランサーズでコンサル生を募集したところ、かなりの応募がありました。

その中から提案文やプロフィールがしっかり書かれている方を採用しました。

 

ちなみに成果報告の記事を書いてもらうことを条件にこちらがコンサル生の方に報酬をお支払いする契約をしています。

 

お金を払ってコンサルの実績を作れるなら安いものです。

 

6月上旬に成果報告の記事を書きます

 

コンサル生の方が1ヶ月真剣に取り組んでいただいた結果を6月上旬に記事にしていただきます。

今回のコンサル結果が好調なら6月以降もコンサル生を募集していきたいと考えています。