サラフリ部
フリーランスの仕事術

【ランサーズ】ライター初心者でも採用される方法

今回は「ライティング初心者であっても案件獲得のチャンスがありますよ」というちょっと希望のあるお話をします。

 

私はある記事を書いていただくためにランサーズでライターさんを募集しました。

 

その結果、経験者の方と初心者の方から提案をいただきました。

普通に考えれば経験者の方が有利だと思いますよね?

 

しかし、ライター初心者であってもコツをつかめば採用してもらえます。

 

今回はライター初心者が案件を獲得するためのコツについて解説していきます。

これからライターを目指す方はぜひ参考にして下さい。

 

初心者ライターが案件を獲得する方法

 

初心者ライターが案件を獲得する方法を3ステップで解説していきます。

 

初心者ライターが案件を獲得する方法
  1. ブログを始める(できればワードプレス)
  2. 丁寧な提案文で仕事に応募する
  3. 複数のプラットフォームを活用する

 

1. ブログを始める(できればワードプレス)

 

クライアントさんにあなたの文章力を知ってもらうためにポートフォリオとしてブログを始めましょう。

 

最初は無料ブログでも構いません。

 

しかし、今後Webライターとして活躍していきたいと思っているのであれば、少しお金はかかりますが、独自ドメインを取得してワードプレスでブログを開設しましょう。

 

2. 丁寧な提案文で仕事に応募する

 

案件に応募するときに提案文を送ります。

 

私も記事を外注することがあるのでランサーズで仕事を発注することがたまにあります。

 

最近はコロナの影響で提案がこれまでの3~4倍になっています。

 

しかし、まともな提案がほとんどありません。

大体の提案文はどこかポイントがずれています。

 

そのため、しっかりとした提案文を書ければ初心者でも採用される可能性はあります。

私も実際に初心者の方を採用した経験があります。

 

提案文の書き方についてはこちらの記事も読んでください。

 

【ランサーズ】送ってはいけない提案の3つのパターン ランサーズで提案をしまくっているけど受からない・・・ 今回はこのような悩みにお答えします。 送ってはいけない...

 

3. 複数のプラットフォームを活用する

 

Webライターの仕事はさまざまなプラットフォームでゲットすることができます。

 

例えば、ランサーズだけでなくクラウドワークスやサグーワークスなどでも案件を探してみる。

 

またはクラウドソーシングではなくTwitterなどのSNSを活用して仕事を探してみる。

 

様々な方法で仕事をゲットすることができます。

 

ぜひ一度試してみてください。

 

 

初心者の方がWebライターを始めるには自分のブログが必須です。

無料ブログでもいいのでブログを書いてからライター案件に応募してください。