サラリーマン攻略法

【経営者必見】安月給でも優秀な社員を雇う3つの鉄則

優秀な社員を雇う方法

 

安月給でも優秀な社員が来てくれるための鉄則を解説します。

 

今回は私が安月給でも働きたいと思う会社を

サラリーマン視点で解説していきます。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 新時代の雇用方法を先取りしよう

 

日本の経営者は、一部の先端業界を

除いて考えの古い人が多いです。

 

特に地方の中小企業の経営者は

昭和時代から頭が動いていないのかと

思うくらい古い雇用体制のままです。

 

だからこそこの記事を読んだあなたには

新時代の雇用をいち早く取り入れてほしいです。

 

安月給でも優秀な社員を雇う3つの鉄則

 

次の3つの鉄則をすべて満たせば安月給でも

あなたの会社に優秀な人が来てくれます。

いいえ、私が真っ先に応募します。

 

それでは1つずつ解説します

 

安月給でも優秀な社員を雇う方法
  1. 完全にリモートワーク化する
  2. 生産性を高めて成果報酬を導入する
  3. 副業を義務化する

 

完全にリモートワーク化する

 

あなたの会社リモートワークができるなら

少しずつリモートワークに移行して下さい。

 

なぜリモートワークにするだけで

優秀な社員が来てくれるのか?

 

それは「通勤時間がゼロになる」からです。

 

通勤時間がゼロになるメリット

 

通勤時間がゼロになれば、

社員の時間の負担が減るだけでなく

通勤交通費を払わなくてすみます。

 

通勤時間がゼロになるデメリットは

あるにはありますが、あなたの会社には

ほぼ影響ありません。

 

リモートワークができない場合

 

もし医療関係や現場職などで

リモートワークができない場合は

社員の通勤時間を極力減らすように

してあげて下さい。

 

通勤時間が減るだけで

社員のストレスが軽減します。

 

時差通勤なども効果的です。

 

生産性を高めて成果報酬を導入する

 

これからは

どんどん生産性を高めるように

社員に指示をして下さい。

 

※現場職でも必ずできます。

 

その代わり生産性を高めた分を

社員に還元することを約束するのです。

 

生産性向上と成果報酬導入までの流れ
  1. 生産性を改善するために鬼行動
  2. 時短勤務や週4日勤務を導入
  3. 基本給を少なくして成果給を増やす

 

生産性を改善するために鬼行動

 

まずは社員に生産性を高めるために

徹底的に改善するように徹底します。

 

生産性が高くなったら給料に還元することを

具体的して社員に約束します。

 

そして社員任せにせず経営者のあなたも

しっかりと社員に寄り添って改善します。

 

まずは残業時間を従来の50%未満に

することを目標にして下さい。

 

社員の気力が回復してきたら

このミッションは成功です。

 

時短勤務や週4日勤務を導入する

 

生産性が改善されたら

次は社員の勤務時間を減らします。

 

時短勤務や週4日勤務を導入します。

 

私個人としてはお昼休みの1時間が

もったいないので

休憩が必要ない6時間以内の

勤務が理想だと考えています。

※トイレ休憩は必要ですよ!

 

そのため社員の士気も高まり

仕事の生産性が高まります。

 

基本給を少なくして成果給を導入する

 

いよいよここからが本番です。

勤務時間を減らした分、

基本給も少なくして下さい。

 

その代わり生産性の高い社員には

成果給をしっかり払うようにして下さい。

 

成果給を導入する前には

しっかりと成果給の報酬体系を

決めておいて下さい。

 

具体例を示します。

※金額はあくまでも一例です。

 

  • 契約1件につき5,000円
  • 伝票処理1件につき50円
  • 社内文書の電子化1ページに付き10円

 

こうすればサボる社員がいなくなります。

基本給が下がるけど頑張れば

給料アップの可能性があるからです。

 

副業を義務化する

 

日本のほどんどの会社では副業が

禁止されています。

 

私の会社でも禁止されていましたが

無視して副業をしていました。

 

しかし、最先端を行くあなたの会社は

副業を義務化しましょう。

 

副業の一例

 

  • Webライター
  • 動画編集
  • Youtuber(またはVtuber)
  • ブロガー

 

注意点:雇用される副業はNG

 

社員に義務化する副業は

必ずスキルアップになるか

資産性のあるものにしてください。

 

この条件に当てはまらないものは

コンビニ店員などのアルバイトです。

 

年末調整などが複雑になりますし

給与所得は税金が高いので

社員にとってもメリットはないです。

 

【複業コンサル】スキル型かストック型かを考える 複業にはスキル型とストック型の2種類があります。 あなたの状況に合わせてどちらの複業をするか考えてください。 ...

 

副業を義務化する理由

 

副業を義務化するべき理由は2つあります

 

  • 給料を安く抑えられる
  • いざという時に社員が困らない

 

時短勤務に移行すれば社員の給料を

安く抑えることができます。

 

社員に副業を義務化させておけば

給料以外の収入源が生まれます。

 

あまり考えたくはないですが、

もしあなたの会社が倒産・廃業に

なったとしても社員が

お金に困るリスクが少なくなります。

 

これからは成果主義の社会になっていくので

今のうちに先取りしておきましょう!