サラフリ部
サラリーマン攻略法

会社員という働き方の最大のデメリットと最大のメリット

今回は会社員の最大のデメリットとの最大のメリットについて解説します

今回はいきなり結論から言ってしまいます。

 

よく言われるような「収入が決まっている・転勤がある」などのデメリットは当たり前すぎるので今回は除外します。

 

会社員のメリットについての記事も合わせて

読んでいただけると嬉しいです。

 

サラリーマンのメリット5つ
サラリーマンのメリット5つを詳しく解説します 今回はサラリーマンのメリット5選です サラリーマンのメリットを5つ紹介します 私はサラリーマンよりも...

 

会社員の最大のデメリットは「事業を創り出せない」こと

 

まずはデメリットから解説します。

 

私は、会社員であることの最大のデメリットは「自分で事業を創り出せない」ことだと確信しています。

 

会社員という働き方は、事業を行っている会社があって初めて成り立ちます。

そして会社は社長がいて初めて成り立ちます。

 

あなたが社長になった時のことを考えてみてください。

あなたが事業をするなら基本的には自分のやりたい事業をやるはずです。

 

この記事を読んでいただいている方の多くは会社員でお仕事をされている方だと思います。

あなたは自分の会社で自分のやりたい事業をやれていますか?

 

会社員時代に私がやりたいと思っていて、

今でもやりたいと思っている事業の例を紹介します。

 

自分のやりたい事業の例
  1. 文章を書くのが好きなのでオウンドメディアを立ち上げたい
  2. イラストを描くのが好きなのでイラストの仕事をしたい
  3. 人に教えるのが好きなのでコンサルの仕事をしたい

 

今は個人事業主になって②以外は実現していますが、

会社員時代にはこれらの仕事を会社ですることはできませんでした。

 

やりたくない仕事のオンパレード

 

私は2020年2月まで勤めていた会社の仕事内容が嫌すぎて思い切って会社を辞めました。

ちなみに人間関係は意外と良かったので少し残念な気持ちがありましたが、仕事が嫌すぎたので仕方がありません。

 

大人気ブロガーのヒトデさんが先日アップされた仕事を辞めた日についての動画を見て思わず同感してしまいました(笑)

 

 

それでは私がやっていた嫌すぎた仕事内容を会社バレしない程度に公開したいと思います。

嫌すぎた仕事の一覧
  1. 事務職なのに現場の知識を求められる
  2. 古すぎる体質の会社と電話や書面のやりとり
  3. 他部署の尻ぬぐいのオンパレード
  4. その会社でしか役に立たない知識を覚えさせられる
  5. 転職や独立に役に立たない資格を取れと言われる
  6. 時代遅れの会社の付き合いで夜の店に連れていかれる
  7. 時間を無駄にしたあげくに結論が出ない長時間の会議
  8. 上司が仕事をしない人だった

 

私はこれらの仕事が本当に嫌でした。

今は個人事業主になっているので収入面での不安が若干ありますが、精神的にはかなり楽になりました。

 

会社員の最大のメリットは収入が安定している事

 

会社員は収入が安定しています。

これが会社員の最大のメリットです。

 

景気悪化などでボーナスがなくなることはありますが、いきなり収入がゼロになることはありません。

 

さらにローンや賃貸の審査も通りやすいです。

※フリーランスは審査が通りにくいです。

 

大企業など規模の大きい会社に在籍している場合は、配置転換などで新しい仕事にノーリスクでチャレンジできる可能性があります。

 

終身雇用はなくなりつつありますが、それでもいきなり解雇される可能性は少ないです。

 

最強の働き方は「定時会社員×副業」です

 

今の収入に不満はあるけどフリーランスや独立は全く考えていない。

 

そんなあなたに私が最強の働き方をこっそり教えます。

 

それは・・・

定時で帰れる会社に転職して定時後に副業をすること

です。

 

今の会社が定時で帰れる、または時短勤務ができて仕事内容や人間関係などに問題がなければあなたは超ラッキーです。

 

そのまま今の会社に勤めて続けてください。

 

定時で帰れない会社や休みが少ない会社(年間休日120日以下)の場合は次のプロセス通りに進めていきましょう。

 

定時会社員×副業へのロードマップ
  1. できるだけ定時に帰る
  2. 飲み会などは極力断る
  3. 土日などのできる範囲で副業を始める
  4. 副業収入が安定してきたら定時で帰れる会社にしぼって転職活動を始める
  5. 転職後の年収+副業年収が今の会社の給料を上回っていたら転職する

 

 

日本の法律では、公務員以外は副業は禁止されていません。

会社が副業禁止だったとしても無視して副業を始めましょう。

 

そうはいっても会社にバレるのは都合が悪いので

アルバイトなど時給制の仕事はやらないでください。

※アルバイトは給与所得になるので会社にバレます!

 

 

副業はネットで完結する仕事に限定することが大切です。

 

会社に副業がばれないようにする方法については次の2つの動画を見ていただけるとよくわかります。

 

 

 

最後に実際に私がやったネット副業を紹介します。

会社員をしながらやった副業
  1. 英文の書き起こし
  2. 大手メディアのライティング
  3. 画像処理・選別
  4. データ入力
  5. ブログ作成

副業をするならあなたが好きなものを選んでやりましょう。

本業と違って嫌な仕事はしなくてもいいのです。