フリーランスの仕事術

【ランサーズ】依頼詳細を読んでから提案する方が採用率が高い

最近、コロナウイルスの影響でランサーズの提案件数が増えています

今回はランサーズに提案する前に必ずやってほしいことについてお伝えします。

こちらの記事もあわせて読んでみてください。

 

【ランサーズ】送ってはいけない提案の3つのパターン ランサーズで提案をしまくっているけど受からない・・・ 今回はこのような悩みにお答えします。 送ってはいけない...

 

依頼詳細を読まずに提案しても採用されません

 

私もランサーズでプロジェクト案件を募集していますが、毎回依頼詳細を読まずに提案してくる人が多くて困っています。

 

急いで提案したいという気持ちはわかりますが、

最低限は依頼詳細を読んでから提案をしてください。

 

見落としがちな依頼詳細の重要項目

 

私が実際に案件を募集した時に見落とされていることが

多かった項目を3つ紹介します。

 

ランサーズに限らず、クラウドソーシングに提案するときには依頼詳細の重要項目をしっかりと確認してください。

 

見落としがちな依頼詳細の項目
  1. 依頼金額
  2. クライアントからの質問事項
  3. 納期

それでは1つずつ解説していきましょう。

 

1. 依頼金額

 

案件の依頼詳細には必ず依頼金額が書かれています。

提案をするときには必ずいくらで依頼されているのかを

確認してから提案してください。

 

私の案件にあった提案の中で一番多かったのが、

依頼金額を大幅に超えた提案です。

 

単価2000円で募集をした案件に対して

5000円の提案があった時にはかなり驚きました。

 

もしあなたが高いスキルを持っていて

スキルをアピールしたいのであれば、

依頼金額通りの金額で提案をしたうえで

追加オプションを使って別に提案をしましょう。

 

2. クライアントからの質問事項

 

案件によってはクライアントからの

質問事項が書かれている場合があります。

 

クライアントのからの質問事項の一例
  1. これまでの仕事の実績(または自分のブログURL)
  2. 1週間に対応可能な作業量

依頼詳細には全文を目に通してから

提案するようにしましょう。

 

私は、依頼詳細に書いた質問事項を満たしていない提案は

一切採用しないようにしています。

 

3. 納期

 

提案する前にクライアントが提示した納期を

間違いなく守れるかを確認しましょう。

 

私が発注した案件では納期遅れがありませんでしたが、

逆に私が参加しているプロジェクトで納期遅れをしている人が

予想よりも意外と多くいました。

 

納期遅れはクライアントとの信頼を失う行為です。

絶対にやってはいけません。

 

依頼詳細を見てから提案するだけでプラス評価

 

もしかすると私の依頼詳細が分かりにくいのかもしれませんが、

ろくに依頼詳細を読まずに提案してくる人が後を絶ちません。

 

 

依頼詳細をしっかり読んで、クライアントの意図を理解したうえで

提案をしてくれる人はそれだけでプラス評価です。

 

経験が浅くても初心者でもクライアントの立場に立って

提案できる人は今後成功していきます。

 

ぜひクライアント目線の提案文を書いて

案件を獲得しまくってください!