サラリーマン攻略法

サラリーマン時代のランチメニュー5選

サラリーマンのランチ事情

会社員時代のランチメニューを紹介します。

 

私は大学を卒業してから

複数の会社や現場で働いてきました。

 

働く場所によってランチ事情も

大きく変わっています。

 

今回はその中からランチメニューを5つ紹介

していきたいと思います!

 

まず最初に前提をお伝えしておきます。

 

私はお手製のお弁当はあまり好きでは

ありません。

 

お昼には冷めてしまっているし、

おかず同士の匂いも気になるからです。

 

そのため、私は必ずコンビニ弁当か

外食にしています。

 

サラリーマン時代のランチメニュー
  1. コンビニ弁当(600円)
  2. 喫茶店のランチ(800円)
  3. 500円以下の社食(350円)
  4. 松屋の牛丼(380円)
  5. ラーメンセット(900円)

 

1. コンビニ弁当(600円)

 

大学卒業後に地元の工場仕事をしていたときは

いつもコンビニ弁当を買っていました。

※たまにおにぎりを買う場合も

 

サークルK(現在のファミリーマート)の

お弁当が手頃でとても美味しかったので

よく買っていました。

 

2. 喫茶店のランチ(800円)

 

現場作業の仕事をしていた時のお昼です。

その当時はお昼は会社のメンバー全員で

喫茶店に食べに行っていました。

 

大体のお店のメニューはこんな感じでした。

 

  • メインディッシュ(肉類多め)
  • ライス
  • スープ(味噌汁)
  • コーヒー

 

毎日同じお店だと飽きるので

日替わりで別のお店に行っていました。

 

少し高いですが、喫茶店のランチ

おすすめですよ!

 

 

3. 500円以下の社食(350円)

 

大手メーカーに勤務していたときは

毎日社食を食べていました。

 

なんといってもコスパが最強です。

350円で美味しいご飯が食べられます。

 

月に1回くらいはデザートが付く日もあって

その日は社食は大行列ができていました。

 

しかし、オフィスから社食までかなり歩くので

多くの人はお弁当を自分で持ってくるか

仕出し弁当を注文していました。

 

4. 松屋の牛丼(380円)

 

私が東京で仕事をしていた時のお昼は

松屋の牛丼です(さすがに毎日ではない)。

 

380円で味噌汁までついてきて

お腹いっぱいになります。

 

最近ではチキン南蛮定食のメニューが

出てくるのでますます期待できます。

 

 

5. ラーメンセット(900円)

 

健康に悪いとわかっていてもついつい

食べに行ってしまう。

 

それが・・・ラーメンです!

 

週に1~2回は会社の近くのお店に

ラーメンを食べに行っていました。

 

ラーメンだけだと若干物足りないので

ライスが付いているラーメンセットを

注文します。

 

かなりお高いので行く回数は

必然的に少なくなります。

 

職場環境によってランチ代が左右される

 

いろいろな会社で仕事をしてきた中で

痛烈に感じたことがあります。

 

それは・・・

職場環境によってランチ代が

左右されてしまうということです。

 

いくら安くて美味しいご飯を食べたいと

思っていても近くの店が高い店ばかりだと

どうしても出費がかかってしまいます。

 

また現場作業で車で移動する場合は

自分だけお弁当というのは

少し肩身が狭いかもしれません。

 

ランチを食べないという選択肢もある

 

もしランチ代を節約したいと思っている方は

思い切ってランチを抜くという方法もあります。

 

前職の会社でもお昼を食べないという人が

少数派ですがいました。

 

もし会社で世間体が気になるという場合は

ランチを抜く理由を考えておきましょう。

 

たとえばこんな感じです。

 

  • ダイエットしている
  • 1日2食の食生活に変えた
  • 欲しい物のために節約している

 

これをいい機会にランチについて

見直してみてはいかがでしょうか?

 

おまけ:フリーランスのランチ

 

私が会社を辞めてからは基本的に自宅で

食事を作っています。

 

しかし食事のレパートリーが限られているので

たまに外食や出前を取ることもあります。

 

今は食費を節約しつつもおいしい食事を

食べたいので、通販で食材を購入して

自宅で料理するようにしています。

 

私の自炊メニューはこんな感じです。

 

  • 肉たっぷりのお好み焼き
  • 炊き込みご飯
  • 肉野菜炒め
  • 鍋料理(冬だけ)

 

フリーランスは在宅で仕事が

できる場合が多いので

食費は節約できます。

 

以上、サラリーマン時代のランチ事情に

ついてお話しました!